お知らせ2013年7月11日(木)

便秘外来を開設します

大分こども病院では便秘外来を開設します。
毎週月曜の午後と木曜の午前(平成25年8月より)

 今まで小児外科外来を中心に便秘のお子さんを診てきましたが、患者さんが非常に増えてきたので、専門外来として新たに立ち上げます。
 「子どもの便秘なんて滅多にないものと思っていました」、お子さんの便秘で受診した多くのご両親の率直な感想です。しかし、実際には違います。非常に多くのお子さんが便秘で苦しんでいます。発育・発達の途上にあるお子さんは、精神的・身体的バランスが崩れると容易に便秘になります。
 「子どもはお腹をくだしやすい」のと同じくらい「子供は便秘になりやすい」のです。
 子どもの便秘には様々な原因が考えられます。便秘のお子さんのおおよそ90%は内服薬を中心とした治療で比較的早期に治すことができます。
 非常に頑固な便秘では治療に難渋することもありますが、当院では、臨床心理士によるカウンセリング療法も行っており、頑固な便秘に対する有効な手段であることを確認しています。
 便秘の原因の中には、手術治療が必要なものが含まれます。それほど多くはありませんが、手術以外に治療法が無い場合があります。この様な状態が疑われる場合には、診断のためのいろいろな検査が必要となりますが、当院便秘外来にて検査を行うことができます。

お子さんの便秘については便秘外来にお問い合わせ下さい。
初めて受診される場合には予約制となっています。
このページのトップへ