お知らせ

当院の外来待合室における感染対策に関して

掲載日2022年7月22日(金)

 新型コロナウイルス感染の勢いが増すにつれ外来での待ち時間が長くなり、ご来院の皆様には長らくご辛抱いただくこととなり申し訳なく存じます。

 このたび、当院ウェブサイトのご意見箱を通じて、当院の待合室において新型コロナ疑い患者と他の患者が混在していて不安であるとのご意見をいただきました。
 そこで今回は、通常の定期的な換気やソーシャルディスタンスに加えて、当院が実施している感染対策に関してご説明させていただきます。

 メール設定の問題などが原因でメールでのご返信ができないケースがあること、また、同様のご意見をお持ちの方が少なくないのではないかと考えられますことから、ウェブサイトで公開することにいたしました。
 
<大分こども病院外来待合室での感染対策>
  1)新型コロナ疑いの方は、診察前に検査を優先して実施しています。
  2)新型コロナ疑いの方は、検査結果が判明するまでは車で待機していただいております。
  3)新型コロナ陽性と判明した方は、車で待機のまま電話やオンラインで対応しております。
  4)3か月未満の乳児や特定の基礎疾患がある方は個室で逆隔離をおこなっております。
  5)一般の方は、番号待ちシステムを使い、できるだけ、診察の呼び出しがあるまで院外でお待ちいただける仕組み(アイチケット)を導入しております。
  6)新型コロナ陽性で自宅療養中の方は、できるだけオンライン診療で対応しております。
 
 上記の対策を講じても、新型コロナ患者様が待合室に紛れこむ可能性はあります。
小児の受診では感染症が大部分を占めており、病状や診察だけでは新型コロナを区別することは極めてむずかしい状況です。
 患者様・ご家族様におかれましては不安が高まるばかりだと思いますが、職員一同、受診することで安心していただけるような環境づくりを更に目指していく所存です。
 どうぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

大分こども病院
 院長 久我修二

このページのトップへ